福山天満屋「サステナブルウィーク」広告物制作

福山天満屋「サステナブルウィーク」広告物制作

  • 広告デザイン
  • 媒体
  • 天満屋福山店
  • 広島県
業務範囲
  • デザイン、チラシ製作

続ければミライが変わる サステナブルってどんなこと?
天満屋福山店にて開催される「サステナブルウィーク」の広告物製作を行いました。

昨今話題になっているサステナブル(SDGs)への取り組みとして、
環境にやさしい上質な暮らしの提案を2週間にわたって行う初企画イベントです。
「良いものを永く使う」習慣や環境へ配慮された素材の商品などを通じ、
出来るところから「サステナブルな暮らし」をスタートさせてみませんか。

とは言ってもお客様も天満屋社員も
サステナブル・SDGsって何?という人がほとんどですので、
「まずは知ることから始めましょう。出来ることから取り組んでいきましょう。」
の気持ちで優しくレクチャーするようなチラシを目指しました。

サステナブルカラーの黄緑×地球をイメージした模様を組み合わせた
ひよこのキャラクターを制作し、チラシの至るところに登場させることで
隅々まで楽しみながら読んでもらえるよう意識しています。

印刷もサステナブルにこだわり、
再生上質紙という古紙を再利用して作られた紙を使いました。

福山天満屋「サステナブルウィーク」広告物制作

類似する事例はこちら

岡山天満屋「迎春・新春」ウインドウ装飾
  • VMD・ディスプレイ

天満屋岡山店の2021年迎春から 2022年新春のウインドウ装飾です。 油絵風にグラフィック処理を施した2022年の 干支である寅をダイナミックにレイアウトし、 全体的に深い色味でまとめることで引き締め、 重厚感のあるデザインにしています。 2021年中は「迎春」、 2022年に入ると「新春」の文字へ変更しました。

岡山天満屋「ブラックフライデー」
  • 広告デザイン
  • 媒体

年に一度のブラックフライデー。 皆様はいい買い物が出来ましたでしょうか?   岡山天満屋でもネットショップと各階でブラックフライデーを開催、 それにあたり今回はA5サイズの手配りチラシ、POPを作成しました。   ブラックフライデーらしく、黒と金をベースにキラキラとした装飾でデザインをまとめました。   チラシはシークレット感を出したいとのことだったので、商品は一点のみの紹介となっています。 その代わりに二次元コードを大きく配置することでネットショップページへ誘導するという狙いがあります。   ブラックフライデーとは元々はアメリカの行事で、 毎年11月の第4木曜日の感謝祭(サンクスギビングデー)の翌日に開催される特別なセールの日のことを言います。   セールやキャンペーンをするお店も増えてきて、 日本でもブラックフライデーの文化が浸透してきたように思います。

倉敷天満屋「クリスマス」装飾
  • 店舗内装施工
  • VMD・ディスプレイ

天満屋倉敷店の2021年クリスマスディスプレイです。 天満屋倉敷店とティ・シー・シーの装飾プラン、 地元の倉敷芸術科学大学・倉敷工業高校とのコラボレーションです。 正面入口からは大きなクリスマスツリー、 ガーランド、柱装飾が視界に入りクリスマス気分が高まります。 学生・生徒の作品を取り入れたタペストリーや エスカレーターサイドディスプレイでは それぞれの作品に制作者の気持ちや思いを垣間見ることができます。 また、地元の学校によるワークショップや作品展示なども開催されます。  

おもいを「カタチ」にするだけでなく、未来につながる「プラス」を

TCCは、お客さまのご要望をそのままカタチにするだけではなく、
さまざまな業務に関する豊富な経験や知識をもとに、期待以上の価値を提供し、
お客さまに喜んでいただけるおてつだいをいたします。