岡山製紙 消火器・消火栓ホース新規取替

岡山製紙 消火器・消火栓ホース新規取替

  • 建物・設備点検
  • 株式会社岡山製紙
  • 岡山市南区浜野1丁目4-34
業務範囲
  • 消防設備取替(消火器・屋外用消火栓ホース)

岡山市南区にある岡山製紙の
消火器・消火栓ホースの取替作業を実施しました。
消火器・ホースは製造から10年超えると耐圧試験が必要ですが、
試験自体高額なので今回新品交換を致しました。
 
他にも様々な消防設備の点検や修繕工事・新規リニューアル工事の施工。設計をしております。

岡山製紙 消火器・消火栓ホース新規取替

岡山製紙 消火器・消火栓ホース新規取替

岡山製紙 消火器・消火栓ホース新規取替

類似する事例はこちら

農林水産総合センター 研修交流ホールの北面外壁再塗装  木材劣化診断士塗装のむずかしさ編 安田 年一
  • 建築
  • 建物・設備点検

農林水産総合センター 研修交流ホールの北面外壁再塗装 木材劣化診断士塗装のむずかしさ編 安田 年一 平成30年12月実施 仕様書の施工内容 (1)素地調整(ペーパーケレン):約180㎡ (2)木材保護塗料:約180㎡   南面の塗装にあわせた色の塗料使用 南面塗料オスモウッドステインプロテクター♯710ストーンパイン (3)その他 施工前の木材劣化診断士により壁面木部の割れ・腐朽・蟻害・塗装にに関して診断を行い、その診断結果について報告書を提出すること(添付PDFはこちら)   施工前 東面はすでに塗装済み 今回北面の塗装であった。     今回の工事で気になるのは東面の塗装むらである。同様な状態になる事の懸念あり。 ペーパーケレン 既存の塗料を除去しないと次の塗料が塗布が難しい事もあり当所120番手ペーパーでケレン開始するが1㎡も行かない状況で即目づまりが起き、100番手・80番手と粗くした。 すると木材の中で浸透し硬化している部分とそうでない部分が有る事から、塗装むらを避る為その硬化部分を除去する事とした。 ケレン状況及び木材劣化診断士によるケレン状況確認 ケレン完了 足場設置 塗装完了 東面の塗装むらとの比較 感想 仕様書での施工内容は(1)(2)(3)であり具体的手法が記載のない中の塗装替えの実施であった。事を進める中で浸透塗膜の硬質化部分とそうでない部分が有る事がわかりその硬質化部分の除去する事とした(東面同様な状況になる事が予測される為)よって塗装よりケレン作業の方が手間であった。 木材の紫外線劣化が色のくすみの解消が本工事の大きな要因の中平成23年2月に完成し、南面・東面の続き今回の塗装であるが、果たして木材の素地まで削り出す事が木材の劣化防止策としてよかったのか?正直私は疑問に思えます。 前回の塗装むらが何故おこったのか?の原因の検証がなされていて施工仕様書作成前に木材劣化診断士に事前相談があった場合、手法として高圧洗浄で表面の汚れを取り既存の塗装面の上から今回の塗装する手法も木材劣化防止策と提案したかもしれません。 (但し南面・東面とは色合いが変ります。) この10年間で2回にわたっての再塗装をする中、今後も同様な手法での維持管理の選択をするのであれば今後も相当の費用が発生する様になります。 自ら本物件の着手前に診断を行ったが、腐れ等の現象が無い中紫外線劣化による美観対策が主である再塗装、保護塗料・作業手法のむずかしさ実感しました。

白十字(HAKUJUJI)藤田店・藤田工場 消防用設備点検
  • 建物・設備点検

岡山市南区藤田にある 白十字藤田店・藤田工場の消防点検を実施しました。 藤田は白十字の本部でもあります。 工場内ではケーキなどを作っているので、 遺物混入などあれば大変な事になるので、 点検中は細心の注意をしながら点検をしました。  

三協マーク株式会社 火災感知器移設工事
  • 建物・設備点検

広島県福山市にある銘版、ラベル、プリント基板等の 各種ネームプレートの製造メーカーである三協マーク㈱で 自動火災報知設備の火災感知器移設工事を施工致しました。 エアコンの吹出口から近く誤作動の原因や消防法的にも問題に なる為、移設工事を行いました。 工事には有資格者の甲種消防設備士による施工を実施しております。

おもいを「カタチ」にするだけでなく、未来につながる「プラス」を

TCCは、お客さまのご要望をそのままカタチにするだけではなく、
さまざまな業務に関する豊富な経験や知識をもとに、期待以上の価値を提供し、
お客さまに喜んでいただけるおてつだいをいたします。